2016年03月13日

世界の温泉:ツー・バンチ・パームズ(Two Bunch Palm)/砂漠の高級温泉は、〈掛け流し〉というより〈たれ流し〉の鷹揚さ

 砂漠の一本道で車を走らせながら、「今度こそは」と私はつぶやいていた。目指すデザート・ホットスプリングス(カリフォルニア州)は、その名の通り温泉が湧く砂漠の街。私が住むロサンゼルスからは東にほんの2時間だから、寒中にひと風呂浴びるには絶好の地だ。
 だが、過去ここに来る度に私は落胆していた。いわく、湯温が低すぎ、不潔、子どもが多すぎてやかましい‥‥。
 開拓者たちが、デザート・ホットスプリングスの温泉を発見したのは20世紀初頭のこと。次第に温泉を利用したホテルや病院が作られ、今では温泉付きホテルが百軒以上もあるという。中には「日帰り温泉可」もあり、安いところで7ドル程度。
 思えば過去の失敗は、この手の安湯に入っていた故と觀念した私は、今回、奮発して最高級スパホテル「ツー・バンチ・パームズ」(Two Bunch Palms)を訪れることにした。お値段、実に95ドル。いいえ、宿泊費ではありません、日帰り温泉料金です!

ツーバンチパーム温泉.jpg
 デザート・ホットスプリングス、「ツー・バンチ・パームズ」の源泉掛け流し露天大浴場。photo/ courtesy of Two Bunch Palms

デザート・ホットスプリングス.jpg
 1970年代のデザート・ホットスプリングス。ビルボードが「温泉の街」を宣伝。有名リゾート地、パーム・スプリングスからは車で20分弱。
続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

profile

about 柳田由紀子(やなぎだゆきこ)

アイコン/ブルー.jpg

1963年 東京生まれ。
1985年 早稲田大学第一文学部演劇専攻卒業後、新潮社入社。
     月刊「03」「SINRA」「芸術新潮」の編集に携わる。
1998年 スタンフォード大学他でジャーナリズムを学ぶ。
2001年 渡米。
現在 = アメリカ人の夫とロサンゼルス郊外に暮らす。

著書に、
『二世兵士 激戦の記録ー日系アメリカ人と第二次大戦』(新潮新書)
『アメリカン・スーパー・ダイエット』(文藝春秋)
『太平洋を渡った日本建築』(NTT選書)
翻訳書に、
『ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ』(集英社インターナショナル)
『木槿の咲く庭ースンヒィとテヨルの物語』(新潮社)

 2016年11月1日より『新潟日報』にて、「スティーブ・ジョブズが愛した禅僧ーー乙川弘文」を毎日連載!

 趣味=大相撲、温泉、料理、都はるみ。
posted by 柳田由紀子 at 10:11| Comment(0) | cover | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

今日のおつまみ:れんこんのつくね揚げ

 琴奨菊優勝の瞬間を待ちながら、おつまみをこさえていました。
 このおつまみはいっぺんに作ると面倒なので、「つくねと大根の小鍋仕立て」の翌日のメニューにすると楽です。前日のつくねだねをちょっとだけ残しておいて。そう、本当にちょっとだけあれば充分なのですから。

れんこんのつくね揚げ

 *用意するもの:れんこん、片栗粉、*つくねのたね(*つくねのたねの作り方は、「つくねと大根の小鍋仕立て」の「まずはつくねのたねをこさえましょう」の部分を見てください)。

 続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のおつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

今日のおつまみ:つくねと大根の小鍋仕立て

小鍋仕立て」のキモは〈抑制〉だと思います。おいしいからとあれこれ入れたのでは、「これってもしかして鍋?」ってなっちゃう。最良の組み合わせを二品だけ選ぶ贅沢、それを小さな鍋で食べる喜びーー小鍋仕立ての魅力はこれに尽きるでしょう。

 さて、今夜のコンビネーションは「つくねと大根」。寒い宵にぴったりです(ロサンゼルスも寒くなってきました)。
つくね大根

 用意するもの:鳥ひき肉、たまご、ネギ、味噌、大根、出汁(ここまでは必須科目)、山椒、三つ葉(このふたつは、ゆとりがあれば是非)。
続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のおつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

今日のおつまみ:電子レンジで出来ちゃう「カボチャ・サラダ」

 呑んでいると、時折ちょっと甘いものが欲しくなりますよね。昔のスナックではキスチョコってのが出てきましたけど、あそこまで甘くない、ほんのりと甘いものを食べたい。そんな時にちょうど良いのが、このカボチャ・サラダです。電子レンジだけで出来ちゃうので、楽チン。
カボチャ・サラダ

用意するもの:カボチャ、マヨネーズ、カレー粉、レーズン。

続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のおつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

謎の禅僧、乙川弘文も登場するスティーブ・ジョブズのドキュメンタリー映画、『Steve Jobs: The Man in the Machine』

『スティーブ・ジョブズ:ザ・マン・イン・ザ・マシーン』

 この度、新アップルTVをゲット。早々、スティーブ・ジョブズを追ったドキュメンタリー映画、『Steve Jobs: The Man in the Machine』(『スティーブ・ジョブズ:ザ・マン・イン・ザ・マシーン』/128分)を見ました。この映画は今夏公開されたのですが、私が短期間日本に行っている間に劇場公開が終了。今は、ストリーミングでしか見られないようです。

スティーブ・ジョブズ
 実は、私、スティーブ・ジョブズが師事した禅僧、故・乙川弘文の伝記を書いていまして、この映画に弘文が出てくると聞いたので見たわけです。

続きを読む

2015年11月18日

私のニューヨーク三大飯(めし)

 久々にニューヨークを訪ねました。あの街を初めて訪れたのはもう35年も前のこと。以来、数々の痛い失敗を経て辿り着き、そして今回も食べ尽くした私のニューヨーク三大飯(めし)の話など。

オイスターバー

オイスターバー

 私、無類の貝ずきです。お鮨屋さんでも、貝ばかり注文し続けるのが恥ずかしくて、仕方がなく合間に赤身や白身を注文するくらい。
 そんな私に負けない強者(つわもの)が、いつもこの店のカウンターを陣取っています。グランドセントラル駅のオイスターバー。彼らに並んで貝を食べていると、ああ、「貝ずきに国境なし」としみじみ。続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカで安くておいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする