2015年10月26日

別府温泉郷4泊5日の記:よっ、別府、ニッポン一!

「何と言つても、温泉は別府だ。別府に比べたら、伊豆の熱海や伊東などは殆ど言ふに足りない」ーー作家、田山花袋は、名著『温泉めぐり』(1926年)にこう書いた。温泉王国ニッポンで、ニッポン一の誉れ高い別府温泉郷、その実力のほどーー。

別府温泉
 鉄輪温泉「湯けむり展望台」からの眺望。街中が♨︎もくもくもくもく♨︎。

別府温泉
 温泉には禿げ頭がよく似合う。明礬温泉の「別府温泉保養ランド」にて。

4日目夜:明礬温泉にて

 窓の外には、別府市街と別府湾の夜景が広がっていた。もくもくもくもく、あいかわらずあちらこちらから湯けむりがたなびいている。目をこらすと、ちょうど真ん中辺りに別府駅。そうだ、私はあそこからこの旅を始めたのだ。たったの4泊5日だというのになんと濃密な旅だったろうーー。
 私は、その夜、別府温泉郷の中でも最も高所、標高400メートルの明礬温泉にいた。

続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 15:41| Comment(0) | 日本のにごり湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。