2014年03月03日

すんごいバッフェがあったもんだ! ラスベガス、シーザーズパレスのBacchanal Buffet(バッカナル・バッフェ)

 母と姪が日本から来たので、3人でラスベガスに行きました。ラスベガスはギャンブルは無論、食べ放題、バッフェでも有名な街です。中でもシーザーズパレス・ホテルの「Bacchanal Buffet」はすごぶる評判が良い。
 そこで行ってみたのですが、いやー、すんごかった。素晴らしい!
シーザーズパレス 
 ランチの部(11am-3pm)でしたが、新鮮な生ガキがてんこ盛り。これだけでも元を取ったね。
続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 05:53| Comment(0) | アメリカの飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

ホットスプリングスの南部料理レストラン、「ケイジャン・ボイラーズ」

 大味でまずい料理が多いアメリカで、ぴかりと光っているのが南部で育まれたケイジャン料理。ケイジャン(Cajun)は、米アカディア植民地に居住していたフランス語系の人々の内、現ルイジアナ州に移住した人々と末裔を指します。したがって、さすがフランス、ケイジャンは庶民料理ですが味に深みがあるのです。
 米南部には、このケイジャン料理を出すレストランが多く、南部アーカンソー州の温泉街、ホットスプリングスでもおいしい店に出逢いました。

ケイジャン・ブロイラーズ
「ケイジャン・ボイラーズ(Cajun Broilers)」。中心部から車で10分程度。私は、生ガキとガンボスープ(魚介類をオクラや米と煮た少し辛めのシチュー)に目がありません。ここのカキはとびきり新鮮、ガンボも大変美味でした。あまりのおいしさに撮影、忘れました。ガンボ=$3.25、生ガキ1ダース=$12.95。同行者が食べた白身の高級魚、ウォルアイ(walleye)=$19.95もとってもおいしかったです。値段も良心的。

続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 06:12| Comment(0) | アメリカの飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。