2013年11月08日

アメリカ鉄道旅行:ロサンゼルスからセントルイス 2日目・朝から昼まで

 朝6時。目覚めれば、 おー、砂漠のかなたに太陽が。御来光@アムトラック。時刻表によれば、アリゾナ州のマリコパ駅(フェニックス郊外)付近。
 アムトラック

 ベッドの寝心地は良かったけれど、予想した通り冷房の効き過ぎで夜中に何度か起きる。自宅から持参した小さな毛布をかけ足すだけではまだ寒くて、シャワールームから2枚ほどバスタオルを拝借。

アムトラック
 朝日差し込む寝床。さて、そろそろ起きて食堂車に行きますか。寝台料には、朝、昼、晩と3食分の代金も含まれている。各寝台車両には、スチュワートがひとり付いていて至れり尽くせりのサービス。朝食の希望時間も、昨夜のうちに訊きに来てくれた。

アムトラック
 食堂車にやって来ました。テーブルセッティングがいい感じ。メニューだって5種類もある。幼い頃、新幹線の食堂車に父とおめかしして乗ったことを思い出す。
続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 14:47| Comment(0) | アメリカ鉄道旅行  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

アメリカ鉄道旅行:ロサンゼルスからセントルイス 1日目

 列車に乗っていれば、私はとりあえず機嫌がいい。

 アメリカは車と飛行機の国だけれど、それでも、「アムトラック」と呼ばれる鉄道旅客輸送公社があって、それなりにいろいろな地域に列車を走らせています。
 この秋、単身赴任中の夫に逢いに、ロサンゼルスからセントルイスまでアムトラックの旅をしました。アメリカが広いことと、アムトラックが遅いこと、2つの事情から3泊4日の長旅でしたが、「もう降りたくない」と思ったほど良かった。

 そこで、1日目の様子から。

 ロサンゼルスのダウンタウンにあるロサンゼルス・ユニオン駅。スパニッシュな駅舎にパームツリー、そして青空。出発時刻は夜の10時でしたが、近くにあるリトル東京で日本食を食べるために早めに到着。
アムトラック


続きを読む
posted by 柳田由紀子 at 18:53| Comment(0) | アメリカ鉄道旅行  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする