2017年03月15日

今日のおつまみ:カニ鍋

〈小鍋仕立て〉なるものを知ったのは、池波正太郎の随筆を読んだ時。江戸っ子で稀代の食通だった池波は、鍋焼きうどんの食器みたいな小さな鍋に、食材を二、三品だけ入れて、小粋な〈小鍋仕立て〉をささっと作ってみせる。

カニ鍋
 季節は三月。こちら、ロサンゼルスは暖かくなってきたので、これがこの冬最後の〈小鍋仕立て〉の思いを込めて、市販出汁を使った超簡単な〈カニ鍋〉を作ったとさ(調理時間10分弱)。

カニ鍋
 用意するもの=ズワイガニ、白菜、市販の白出汁。
 ズワイガニ(snow crab)の殻を洗って汚れを取る。

カニ鍋
 食べやすいようにカニの足をバラバラにして、あらかじめ包丁で切り口を入れておく。

カニ鍋
 硬い殻は、布巾をかぶせカナヅチで叩く。

カニ鍋
 小鍋に、市販の白出汁をお吸い物の稀釈で入れる。味の濃さは好みで変えてください。加える場合は醤油ではなく塩で。沸騰手前まで温める。

カニ鍋
 白菜を投入。しんなりするまで煮る。くたくたになった白菜も寒い季節に合うので、柔らかさは好みで。続いてカニを投入すれば一丁上がり! 









posted by 柳田由紀子 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のおつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック