2014年06月07日

南国的ゴージャスが漂う「ロサンゼルスのユニオンステーション」

 単身赴任中の夫を訪ねて、パームデールに来ています。「ロサンゼルスのユニオンステーション」から約2時間、「メトロリンク」の「アンテロープ・ヴァレー線」を使ってここまで来ました。

メトロリンク

 私は列車に乗っていれば、とりあえず機嫌がいいのですが、駅舎も大好きです。ロサンゼルスのユニオンステーションはとくに好き。いかにも南カルフォルニアらしいゴージャス感があるからです。今日は、この駅を紹介しましょう。
アムトラック
 建築家は、ジョン&ドナルド・パーキンソン親子。基本スタイルは、アールデコとスパニッシュ・コロニアル。そこに、一部イスラム的要素を導入。凝ったタイルがあちこちに貼られている。

 少し歴史について記しますと、ユニオンステーションの建設は1939年。それまで、サンタフェ鉄道、南パシフィック鉄道、ユニオン・パシフィック鉄道の各社は、別々の場所にロサンゼルス駅を設けていましたが、それらを1カ所に集めたのでした。
 しかし66年になると、従来、鉄道を使っていた郵便システムが飛行機と車に移行。この頃から、鉄道は斜陽期を迎えます。ユニオンステーションも同様の運命を辿り、最も寂れたのは67年。1日の列車数が、ほんの15本に激減してしまったといいます。




 そうした中、71年、米議会は鉄道の復権を目指して「アムトラック(鉄道旅客輸送公社)」を創設します。ユニオンステーションもこれにともない、いくつかの長距離路線の始発・終着駅に指定され徐々に盛り返しを見せていきます。
 そうした中、71年、米議会は鉄道の復権を目指して「アムトラック(鉄道旅客輸送公社)」を創設します。ユニオンステーションもこれにともない、いくつかの長距離路線の始発・終着駅に指定され、徐々に盛り返しを見せていきます。
 92年には、駅舎の大リノベーション。と同時に、ユニオンステーションと郊外各地を結ぶメトロリンクが開通。翌年には、ユニオンステーションと、ハリウッドやユニバーサルスタジオを繋ぐレッドラインも開通し、その後も、パサディナとイーストLAを結ぶゴールドラインの中心駅になるなど、今では、平日の1日利用者数が、6万人から7.5万人になるまでに復活しました。
ユニオンステーション
  ユニオンステーションでは、年間60本もの映画やテレビドラマが撮影される。『ブレードランナー』『ハスラー』、その名もすばり『ユニオンステーション』(ウイリアム・ホールデン主演)など。ウォーキングツアー(phone: 213-623-2489)もあり。

アムトラック
 駅舎内にある「Traxx」レストラン。かつては、一世を風靡した高級鉄道レストラン・チェーンの「ハーヴィ・レストラン」もあった。その空間は、現在閉鎖中だが近くリニューアル・オープンするという話も。

ユニオンステーション
 列車の発車時刻を待ちながら、しばしば食べる「Traxx」のアイスクリーム。

ユニオンステーション
 駅構内にはファミリーマートもあるヨ。やや高めながら(ファミリーマートは、アメリカでは高級コンビニ戦略みたい)、おにぎりや唐揚げがあって便利。

ユニオンステーション
 駅の目の前に、メキシコ街のオルベラ通り。ゴールド・ラインの隣駅は、一方が中華街、もう一方がリトル東京。

パームデール駅
 パームデールの駅は小さくて可愛いです。






Los Angeles Union Station
800 N. Alameda St.
Los Angeles, CA 90012





posted by 柳田由紀子 at 06:55| Comment(0) | アメリカ鉄道旅行  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。