2014年03月03日

すんごいバッフェがあったもんだ! ラスベガス、シーザーズパレスのBacchanal Buffet(バッカナル・バッフェ)

 母と姪が日本から来たので、3人でラスベガスに行きました。ラスベガスはギャンブルは無論、食べ放題、バッフェでも有名な街です。中でもシーザーズパレス・ホテルの「Bacchanal Buffet」はすごぶる評判が良い。
 そこで行ってみたのですが、いやー、すんごかった。素晴らしい!
シーザーズパレス 
 ランチの部(11am-3pm)でしたが、新鮮な生ガキがてんこ盛り。これだけでも元を取ったね。

シーザーズパレス
「バッカナル・バッフェ」と読みます。バッカス、酒と酒宴の神様ですね。ここ、何がすごいって、料理の手が込んでいるのです。簡単に言うと、帝国ホテルやオークラの立食パーティよりうんと上等。

シーザーズパレス
 たとえばこれは、中華料理のコーナーにあった「ハチノスの和え物」。ハチノス(牛の胃袋)なんてエンスーなものを供しちゃうところがエラい! 私はモツにはうるさいホルモンヌなんですが、その私がこのハチノスには惚れ込みました。3回おかわりしました。
 他にもスモークサーモンのヴィシソワーズとか、ロブスターのポレンタなど、普通のバッフェでは決して出てこない手の込んだ料理のオンパレードでした。

シーザーズパレス 
 とてつもなく広いバッフェ空間。セクションは、シーフード、チャイニーズやsushiを含むアジア、ローストビーフなどアメリカン、イタリアン、メキシカン、デザートなどに分かれています。

シーザーズパレス
インテリアも洗練されていますね。


 このビデオを見るとバッフェの詳細がわかります。何も踊る必要もないだろう、とは思うけれども(笑)。

シーザーズパレス
 胃袋はひとつ。私は魚介類とハチノスに集中しましたが(「ここ来てハチノスかよ」と、姪に呆れられた)、姪は途中からデザート戦略に。反対に私はデザートには手(舌? 胃?)が回らず。

シーザーズパレス
 ジェラートだってこんなにいっぱい。私は牛(胃が4つあります)になりたかった。

 ラスベガスは好きな街じゃないんだけれど、このバッフェのために再び行こうと心に決めた昼下がり。

 *オンシーズンや週末は行列のようですが、2月の平日だったのですんなりと入れました。
 *アルコール以外の飲料無料(チップ別)。コーヒーもめちゃくちゃおいしかったなあ。
 *ディナーには行っていないので結論は出せませんが、ランチで充分の感触あり。値段が2千円くらい違います。




BACCHANAL BUFFET
Caesars Palace Hotel
3570 Las Vegas Blvd South, Las Vegas, NV 89109
phone: (702) 731-7928
*Breakfast Monday-Friday, 7am-11am
*Champagne Brunch: Saturday – Sunday, 8am-3pm
*Lunch: 11am-3pm
*Dinner: Sunday – Saturday, 3pm-10pm
料金:Breakfast: $20+
, Lunch: $30+
, Dinner: $50+







posted by 柳田由紀子 at 05:53| Comment(0) | アメリカの飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]